琉球大学工学部工学科社会基盤デザインコース

第25回沖縄の土木技術を世界に発信する会シンポジウムにて神谷准教授が講演しました。

投稿日:2020.11.17

2020年11月6日に開催されました、第25回沖縄の土木技術を世界に発信する会シンポジウム「新しい日常に対応するインフラの在り方~WithコロナAfterコロナ~」にて、本コースの神谷大介准教授が『ビッグデータから見るコロナ前後の行動変化』のタイトルで講演しました。

講演では、携帯電話やスマートフォンアプリから取得できる位置情報・定点カメラによる人流計測情報など、IoT・ICT技術を用いた多様な人流データを組み合わせることで、with COVID-19における県民や観光客の流動変化が示されました。また、道路で連続的に計測されている自動車交通量やモノレール乗降客数データを用い、観光客の減少が周辺の移動環境へもたらす効果と影響が示され、連続的な人流モニタリングが感染症マネジメントにおいても重要であることが再認識されました。

社会基盤デザインコース
入試情報