琉球大学工学部工学科社会基盤デザインコース

本コース教員が「土木情報学賞 論文賞」を受賞しました

投稿日:2022.10.18

本コースの神谷大介准教授が属する研究グループが令和4年度土木情報学賞・論文賞を受賞しました.

 

受賞論文名
夜間の交通量調査のためのGANの適用に関する研究

 

受賞者
今井龍一(法政大学)
神谷大介(琉球大学)
山本雄平(関西大学)
田中成典(関西大学)
中原匡哉(大阪電気通信大学)
姜文渊(大阪産業大学)
中畑光貴(関西大学)

 

抄録
我が国では,道路の交通実態を把握するために,交通量調査が実施されている.昨今,当該分野では,作業の効率化や省力化を目的として動画像から交通量を計数する技術が注目されており,多数の技術が開発されている.これらの技術は,昼間に撮影された動画像に対しては実務に適用可能な精度で計数できる.しかし,夜間に撮影された動画像に対しては,十分な明るさを確保できず,車両の形状や色が不明瞭になるため,計数精度が著しく低下して実用性が確保できない課題がある.そこで,本研究では,深層学習を用いて夜間に撮影した動画像を昼間に撮影した動画像のように変換して交通量調査を実施する手法を考案した.そして,実証実験を通じて考案手法の実用化に向けた具体的な検討事項を明らかにした.

 

 

社会基盤デザインコース
入試情報