琉球大学工学部工学科社会基盤デザインコース

就職状況とメッセージ

進路先の特徴

本コースの進路の特徴は、技術公務員(国家公務員,地方公務員:沖縄県庁・市役所など)と建設会社などに就職し、道路・離島架橋・空港・港湾・鉄軌道の整備や災害に強く、環境に優しい街づくり等で活躍する技術者を輩出しています。

※建設業:設計・施工を担当

※コンサルタント:計画の策定や設計担当

伊良部大橋の写真
卒業した技術公務員が活躍した伊良部大橋の架橋

最近の主な就職・進路先(大学院修了生含む)

進路状況の円グラフ

  • ・官公庁
  • 沖縄県庁、沖縄防衛局、内閣府沖縄総合事務局、千葉県庁、愛知県庁、佐賀県庁、長崎県庁、宮崎県庁、
  • 国土交通省、労働基準監督署、経済産業省、林野庁、那覇市役所、宜野湾市役所など
  • ・進学先
  • 琉球大学大学院、東京工業大学大学院、首都大学東京大学院、埼玉大学大学院、横浜国立大学大学院、千葉大学大学院、
  • 岐阜大学大学院、名古屋工業大学大学院、長崎大学大学院、佐賀大学大学院、熊本大学大学院など

教員・在校生・卒業生からのメッセージ

より良い自然と社会の在り方を想像し、
それを創造へとつなげよう。

准教授神谷 大介先生

神谷 大介先生:顔写真

本コースでは、「地球・自然を理解し、社会を守る技術」、「社会・経済を理解し、それを支える技術」、「環境と地域の創生を実現させる技術」を学びます。

自然環境・社会環境はともに関連しあったシステムであり、一部のほころびが全体へ大きな影響を与えることもあります。このため、経済成長のみ、自然保護のみ、防災のみ、といった単一目的ではなく、自然と社会のより良い関係を創造するための多目的な社会づくりが必要になります。

本コースでは個別学問や技術を習得するだけではなく、統合化・総合化する能力を養い、実社会に貢献できる技術者を育成します。

より良い自然と社会の在り方を想像し、それを創造へとつなげて行きましょう!

地図に残るような
スケールの大きい仕事を。

株式会社 日本ピーエス松浦 葵

松浦 葵:顔写真

私は大学院を卒業後、橋梁メーカーに就職し、今は沖縄の現場で鋼コンクリート混合橋を建設しています。

私自身、入学した頃は社会基盤工学の分野に漠然とした興味があるだけで、自分が数年後に「けんせつ小町」になっているなんて想像もしていませんでした。これも6年間の学生生活で講義はもちろん、サークルや学生委員会、また旅行や趣味、アルバイトで充実した時間を過ごし、たくさんの経験をする中で自分のやりたいことを見つけることができたからだと思います。

社会基盤デザインコースでは、講義以外にも実験や実習、現場見学の機会が数多くあり、卒業後の進路をとてもイメージしやすいと思います。また、先生方もとても熱意があり、様々な相談にも親身に対応してくれるので、自分の思う存分学べる環境です。

私が講義や研究を通してコンクリート橋に興味を持ったように、皆さんもきっとそれぞれが魅力的に思う分野が見つかるはずです。

社会基盤の整備はスケールが大きく、私が造っている橋のように地図に残る仕事でもあります。ぜひ琉球大学の社会基盤デザインコースでその魅力を感じてほしいと思います。

Being a graduate student
at the University of the Ryukyus

博士後期課程 3年次 Bashir Ahmad Aasim

Bashir Ahmad Aasim:顔写真

My overall college experience has been quite productive and enjoyable. This is because, the supervisors in general are very kind especially my professor. Staff are friendly, professional and easily accessible anytime. I am happy being a student of Material laboratory, Department of civil Engineering and Architecture. The graduate school has made many facilities available for the students, here are a few examples of them:

– A tutor who helps international student for one year.
– Each college has well facilitated experimental laboratory which can be used.
– Well-equipped library.
– Concealing section for managing academic and personal lives.
– Health care center.
– Sports facilities such as; open playgrounds, Gymnasium, swimming pool and others.
– Single and family dormitories with a reasonable price.
– And many more

This is absolutely a wonderful place to be studied in, because the facilities, friendly environment and brilliant people that always become a mean of peace of mind. Moreover, studying at the University of Ryukyus leads to a great opportunity of making a carrier of finding filed relevant job.

———————

私の本コースでの経験は非常に生産的で楽しいものでした。なぜなら、指導教員の先生方はとても親切で、スタッフは学生に対して友好的かつ専門的にいつでも対応してくれるからです。私は本コースの建設材料学研究室に所属したことを嬉しく思います。大学院では、学生が利用できる多くの制度や施設が用意されています。その例をいくつか示します。

- 留学生を助けるチューター制度
- 利用可能な十分な実験室
- 設備の整った図書館
- 学術的および個人的な生活をマネージするための生活空間
- 健康管理センター
- 屋外グランド、トレーニングジム、プールなどのスポーツ施設
- 単身や家族で生活できるリーズナブルな価格の寮

このように、本コースは勉強するのに最適な場所です。また、琉球大学への留学は、関連職に就職するキャリアを作る絶好の機会につながります。

環境に配慮した新しいデザイン技術を学び
後世に残る仕事を。

博士前期課程 1年次 上西 遼

上西 遼:顔写真

私が社会基盤デザインコースで学ぼうと思ったきっかけは、大きな構造物を建ててみたいという夢があったからです。

学部では、構造物をつくるための知識だけではなく、まち全体をデザインし、それにより安全で持続可能な社会を築いていく技術とノウハウを学びました。そして私は今、環境に配慮した、大規模な災害に備えた技術の開発といった研究をしており、将来は、それに関わる仕事に携わりたいと思っています。

現在、地域社会の経済、社会、文化、歴史などを踏まえ、その地域の課題を適切に解決に導いていける技術者が切望されています。また、気候変動や地震、津波といった大きな脅威への対応、プロジェクトの国際化、公共事業の海外技術協力といった個々の技術を統合し、地域や国の枠を超えて活躍できる人材も必要とされています。このような社会が望む能力を持った人材に育ててくれるのが社会基盤デザインコースだと思っています。

社会基盤をデザインすることは、人々の生活を豊かにし、デザインしたまちや構造物は後世にまで残ります。みなさんも是非、私達と共に学びましょう。

GEプログラムで専門力と英語力を身につけ
国際社会への扉を開く。

社会基盤デザインコース 4年次 町田 宗瞭

町田宗瞭:顔写真

社会基盤は、私たちの生活と密接に関係しており、安心・安全な暮らしを営むのに必要な分野です。社会基盤デザインコースでは、座学に加えて実験やインターンシップを通して、社会基盤の基礎から応用まで幅広く学ぶことで、技術者に必要なスキルを習得することができます。また、本コースでは、学士課程から修士課程まで一貫教育を行うグローバルエンジニア(GE)プログラムがあります。GEプログラムでは、技術英語や国際インターンシップ、留学を履修することができ、専門分野や英語能力をさらに磨くことができます。実際に、私自身GEプログラムに参加し、講義を通して専門性のある英語力やプレゼンテーション能力を身につけることで、将来やりたいことの視野が広がりました。

将来、建設関係の仕事に携わり社会貢献したい方や、国際的に働いて活躍したい方、社会基盤に興味のある方は、ぜひ社会基盤デザインコースへ来てください。

社会基盤デザインコース
入試情報